SBとKDDIが携帯新料金プラン 大容量プランを格安ブランドで

経済・ビジネス


菅政権が携帯電話料金の値下げを強く求める中、ソフトバンクとKDDIが、大容量のプランをそれぞれの格安ブランドで新設。

両社が発表したのは、1カ月の使用量が20GBまでの新料金。

ソフトバンクは、「Y!mobile」で月額4,480円のプランを12月下旬から提供する一方、KDDIも「UQmobile」で3,980円のプランを2021年2月以降に新設する。

総務省による携帯料金の国際比較では、日本の20GBのプランは世界で最も高いとされている。

両社の新プランは、菅政権による料金値下げの求めに対応した形だが、格安ブランドは選べる端末や取扱店舗の数などで、主力ブランドとの差がある中、どこまで利用者が広がるかが焦点。

またソフトバンクは、これまで3,000円としていた乗り換え手数料を、オンラインと店頭の両方で、2021年春をめどに無料にすることも正式に発表した。

この新料金プランについて、加藤官房長官は「わが国の携帯電話料金は、主要国と比較して、大容量を中心に高い水準と指摘され、この領域において魅力的な料金サービスの選択肢が提供されるのは利用者にとって望ましい」と述べた。

(FNNプライムオンライン10月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース