ソニーが業績予想を上方修正 “巣ごもり需要”で

経済・ビジネス


“巣ごもり需要”で、業績予想を上方修正。

ソニーは2021年3月期の業績予想について、従来の5,100億円から8,000億円に上方修正した。

8月時点では、前の年と比べ12%のマイナスと見込んでいたが、一転して37%の増益予想となった。

新型コロナウイルスの感染拡大で、自宅で過ごす人が増え、いわゆる巣ごもり需要により、ゲームソフトや音楽配信などが好調だったという。

4月から9月までの連結決算は、売り上げが前の年の同じ時期に比べ、0.9%多い4兆824億円、本業のもうけを示す営業利益は7.1%多い、5,461億円だった。

(FNNプライムオンライン10月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース