「クラウン」を町長・議長共用へ 高級公用車問題

政治・外交 社会


愛知・扶桑町が、議長の公用車に使っていた高級車「クラウン」を売却し、今後は町長の公用車を町長と議長の2人で使用することがわかった。

扶桑町によると、議長の公用車におよそ425万円で購入したトヨタの「クラウン」を使ってきたが、維持費がかさむことなどから売却を決め、9月、ネットオークションに出品したという。

クラウンは、10月13日におよそ203万円で落札され、今後は町長の公用車を議長と町長の2人で使用する。

扶桑町議会・杉浦敏男議長「稼働日数がそれほど多くなかったものですから、財源の一環になればありがたい」

公用車をめぐっては、全国の自治体で高額な車の所有に議論が起きているが、扶桑町では、売却で得た利益を町の一般財源として活用するとしている。

(FNNプライムオンライン10月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース