赤羽国交相「警察と連携して対応」 “トラベル”クーポン不正取得

政治・外交 社会


「GoToトラベル」の無断キャンセルが相次いでいる問題について、赤羽国交相は、警察と連携して対応する考えを示した。

国の観光支援事業「GoToトラベル」では、宿泊予約を無断キャンセルして電子クーポンを不正に取得している疑惑が問題になっている。

赤羽国交相は、「不正使用の場合は、警察と緊密に連携して対応する」としたうえで、「断じて許されるものではない」と述べた。

また、通常の宿泊料金を大幅に超えるホテルクレジット付きプランやヨガライセンス講習、英会話講習、ダイビング免許付きなどの宿泊プランは、観光を主な目的としていないことから、割引対象から外すとしている。

(FNNプライムオンライン10月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース