旨い、安い、早い…飛騨高山で愛され続けるうどん店 84歳店主は今日も厨房に立つ 「体の動く限りは…」

社会 旅と暮らし

  • 飛騨高山の地元愛されうどん店…近所の人たちは朝ごはんに「うどん」
  • 84歳の店主「頑張れるだけ頑張ってみる」…人柄も“味付け”
  • 製麺所の片隅から人気店に…コロナ禍も支えてくれた地元の人たち

84歳今なお現役店主…飛騨高山の地元愛されうどん店

岐阜・高山市といえば、飛騨牛やお団子など様々な名物があるが、地元に愛され続けているうどんの店がある。
84歳となった今でも厨房に立ち続けている店主が営む、高山の人気うどん店を取材した。

近所の人たちは朝ごはんに「うどん」


JR高山駅の北、観光スポットから少し離れたところにある「新井こう平製麺所」。多い日には1000人が訪れる人気店だ。


看板メニューは、かき揚げとゆで卵が乗ったうどん。やわらかい麺に、濃い目のしょう油だしがよく合う。


切り盛りするのは、店名にもある新井浩平さん(84)。今も毎日厨房に立っている。


新井さん:
味が大事。値打ちもしなくちゃだめ。やっぱり安く、早く、おいしい

午前4時。新井さんは毎朝、この時間から仕込みに入る。早くから仕事に行く人もいるからと、店が6時に開店するためだ。

店名にもある通り、元は製麺所。麺作りには強いこだわりがある。


のどごしを良くするために、小麦粉は長野と北海道産の2種類をブレンド。2時間ほどで、1000食分の麺を仕込んだ。


午前6時。開店前から店の前には客が。この日並んだのは4人だったが、多い日は30人ほどが並ぶことも。
開店から10分、早くも店内は賑わう。


男性客A:
釜揚げを一番に食べるのはなかなかできないので。製麺所の一番のうどんを食べるということだね

男性客B:
朝ごはんがわり。普段は家で食べるのですけど、週末は仕事のないときだけは、ルーティンみたいなもので


朝ご飯にうどん。近所の人たちの定番だ。

旨い、安い、早い「こう平うどん」


だしは、いりこをベースに、金沢から仕入れたしょう油で作った「かえし」を加える。真っ黒で、深みとコクのある濃い目の味。


男性客C:
結構味は濃いんですけど、地域柄、高山は漬物文化なので、塩気の強いものを食べます。割と味は濃いのが好き

男性客D:
初めての方は辛いと言われるけど、慣れてくるとおいしいです


発券機でまずは麺の量を選ぶ。半玉270円から4玉590円まで。トッピングはかき揚げと煮卵のみ。かき揚げも、もちろん毎朝手作りだ。


一番人気は、うどん1.5玉のかき揚げ、ゆで卵入り(560円)。
少し柔らかめのモチモチとした麺に濃い目のだしがよく絡む。


忙しい日でも、客を待たせずに提供できるようにと釜にいくつもの仕切りがあり、時間差で20分ほどかけて茹でていく。


注文すれば、1分ほどでカウンターに。まさに、旨い、安い、早い。


また、メニュー表にはないが、お店で“まじり”と呼ぶ、うどん、そば、きしめんを一つに相盛りする食べ方も人気だ。

店主の人柄も“味付け”


時間を追うごとに、どんどん人がやって来る。さらにもう一つ、人気の秘密がある。


忙しくなると、浩平さんは麺茹でを手伝ったり、注文をこなしたり。また手が空くと、厨房から出て常連客に声をかける。


男性客:
人の良さかな、お店の人も、おやじさんも。時間があると(厨房から)出てきて、声かけて話したり

別の男性客:
この店がないと困る人、多いんじゃないですか。知り合いばっかりで、小さい町なので


実はこの浩平さんの気さくな人柄も、“いい味付け”。まるで、親戚の家にでも来ているような感じだ。

84歳「頑張れるだけ頑張ってみる」


お昼近くになると、観光客もやってきた。

名古屋から来た客:
まずはやっぱり、こう平うどん。朝早くから食べに行こうということで


消毒液を置き、飛沫防止のビニールカーテンも付け、コロナの感染予防に心がけるが、それでも、観光客は随分と減った。


新井さん:
売上が、2、3割は落ちました。でも地元の人が、昔から来てくれているのでそれでまだ維持できています。これは感謝です

最も苦しい時、地元の人が支えてくれたと言う。


元々は、65年前に製麺所としてスタート。朝からうどんを食べたいという声に応え、当初は製麺所の傍らにテーブルを一つ置いていた。いつしか「こう平うどん」と呼ばれ、高山市民に親しまれるようになった。


新井さん:
畳一枚くらいのテーブルから、今まで我慢してやってきたかいがあって。感謝しています

午後2時半。開店時間が早い分、早めの閉店。結局この日は、800杯が出た。


新井さん:
毎日毎日不安ですけど、「美味しかった」とかうれしいです。残す人、一人もいない。それで毎日頑張っています。体の動く限りは、頑張れるだけ頑張ってみようと


「新井こう平製麺所」は、観光スポットから少し離れたJR高山駅の北西。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン10月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース