不審なサイト誘導相次ぐ iPhoneカレンダーに“予定”

社会 技術


iPhoneのカレンダーに身に覚えのない予定が追加され、不審なサイトに誘導される事例が相次いでいることがわかった。

独立行政法人情報処理推進機構によると、2020年1月から、「iPhoneのカレンダーに身に覚えのないイベントが入っている」などといった相談が、月に数件程度継続して寄せられ、7月には55件に急増した。

追加された予定の中のURLをクリックすると、不審なサイトにつながり、個人情報の入力を求められるなどの被害に遭うケースがあるという。

機構は、「URLを安易にタップしない」などの注意を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン10月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース