「大阪都構想」住民投票 再び否決 大阪市は存続

政治・外交


大阪市を廃止し、4つの特別区に再編するいわゆる「大阪都構想」の住民投票が行われ、反対多数となり、大阪市の存続が決まった。

1日に行われた住民投票で、投票率は前回を4.48ポイント下回る62.35%だった。

開票の結果、およそ1万7,000票差で反対が賛成を上回った。

これにより「大阪都構想」は否決となる。

自民党 大阪市議団・北野妙子幹事長「かなり拮抗(きっこう)した形での結論が出たということを、お互いどういうふうに今後に生かしていけるのかということ、これが一番大事だと思うので」

大阪維新の会代表・松井一郎大阪市長「敗因については僕の力不足です。政治家としては、けじめをつけないといけません。市長の任期をもって、僕の政治家の任期を終了とします」

街の人は...

反対に投票した人「何がだめなのかが重要になってくるから、そこがわからなかったのが、この結果かな」

賛成に投票した人「1回都構想で大阪市がなくなって、大阪が新しく特別区4区になって大阪が発展していくのを見てみてもいいかなみたいなのはありました」

5年前に続き2度目の否決となり、大阪市は存続することになった。

(FNNプライムオンライン11月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース