アメリカ大統領選へ あと2日 両候補が追い込み

国際


アメリカ大統領選挙は投票日まであと2日。

トランプ大統領は1日、アメリカを縦断。
気温差30度の中、激戦州を回って支持を訴えた。

トランプ大統領「だれかコートを持ってないか? これじゃだめだ」

トランプ大統領は1日、雪が舞う天候の中、最初に中西部・ミシガン州で「世論調査を信じるな、共和党の赤い波が押し寄せている」などと述べた。

その後は、共和党の地盤でありながら激戦州になりつつある南部・ジョージア州など、あわせて5つの州を回り、最終盤の追い込みをかけている。

一方のバイデン候補はこの日、4年前の大統領選挙でトランプ大統領がクリントン候補に勝利する鍵となったペンシルベニア州で演説を行い、白人労働者層の切り崩しを狙っている。

最新の世論調査では、バイデン氏がリードを保っているが、トランプ大統領は激戦州で追い上げていて、結果は予断を許さない情勢になっている。

(FNNプライムオンライン11月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース