レナウン破産手続き開始へ 業績低迷+新型コロナで資金難

経済・ビジネス


民事再生手続きを進めていたアパレル大手のレナウンが、破産手続きに入ることになった。

レナウンは、業績が低迷するなか、新型コロナの影響で販売が減少し、資金繰りに行き詰まった。

5月に民事再生法の適用を申請したが、スポンサーが見つからず、10月30日に、東京地裁から手続きの廃止決定を受けたという。

4週間後をめどに、破産開始の決定を受ける見通し。

レナウンは、「ダーバン」や「アクアスキュータム」など、5つのブランドを同業他社に売却したほか、事業譲渡の対象外となったブランドの店舗や売り場の閉鎖を10月30日までに完了したという。

レナウンは、「事業譲渡がほぼ完了し、収益を上げることができなくなったため、破産手続きに移行する」としている。

(FNNプライムオンライン11月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース