ハロウィン夜の渋谷 人出が2019年より67%減少

社会


10月31日のハロウィンの夜に、東京・渋谷の人出が、2019年の3分の1程度になっていたことがわかった。

携帯電話の位置情報を分析する「クロスロケーションズ」によると、31日夜の渋谷のスクランブル交差点を含む、飲酒を禁止された地域の人出は、2019年よりも67%減少した。

年代別でみると、仮装をして街に繰り出す人が多い30代以下は63%減少し、このうち男性は64%、女性は60%の減少だった。

また、男女比は53対47で、2019年より女性の比率が3ポイント高くなった。

一方、2020年10月の週末夜の平均との比較では、およそ20%増加していた。

(FNNプライムオンライン11月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース