オーストリア・ウィーン連続銃撃 3人死亡 容疑者は「イスラム国」支持

国際


オーストリアの首都ウィーンで、連続銃撃テロが発生し、3人が死亡した。

2日夜、ウィーン中心部の6カ所で銃撃事件があり、3人が死亡し、15人が重傷を負った。

オーストリアの内相は、射殺された容疑者について、過激派組織「イスラム国」を支持していたと明らかにした。

容疑者は、少なくとももう1人いるとみられていて、現地当局はテロとみて、捜査を進めている。

現地在住の日本人「爆竹にしては、すごく鋭い音だと思った。連鎖的にバババ...みたいな感じ」

この日は、新型コロナウイルス対策の外出制限がスタートする前の日で、現場周辺は多くの人でにぎわっていた。

(FNNプライムオンライン11月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース