地震から91時間ぶり 3歳女児“奇跡の救出”

国際


トルコとギリシャ沖のエーゲ海で発生した地震で、発生から91時間ぶりに、3歳の女の子が救出された。

震源に近いイズミルで、日本時間の3日夕方、倒壊した建物の中から、3歳の女の子が救出された。

91時間ぶりの救出を、現地メディアは「奇跡の救出」と伝えている。

女の子の年齢は、当初4歳とされていたが、その後、訂正された。

女の子は、台所で家電によってできた隙間にいたということで、救助隊の「誰かいるか?」という呼びかけに「ここにいます」と答え、発見された。

一方、母親は、遺体で発見された。

この地震による死者は、これまでにトルコとギリシャあわせて100人を超え、負傷者は1,000人以上にのぼっている。

(FNNプライムオンライン11月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース