東京で木枯らし1号 青森で積雪18cm

社会 暮らし


気象庁は、東京で3年ぶりに木枯らし1号が吹いたと発表した。

4日朝の日本付近は、冬型の気圧配置となり、東京都心では、未明に最大風速8.2メートルを観測。

2019年と2018年は、この時期に冬型の気圧配置などの条件を満たさなかったため、東京での木枯らし1号は3年ぶりとなる。

一方、青森県の酸ケ湯では、今シーズン一番の強い寒気の影響を受けて、積雪が一時、18cmに達し、観光客らが車の雪下ろしに追われていた。

神奈川から来た人「(寒くないですか、薄手で?)ダウンがこの中に...」

兵庫から来た人「朝起きたらびっくりしました。ちょっと運転が怖いなと思ってます」

東北の山沿いでは、4日いっぱい積雪の増えるところがあり、車の運転などに注意が必要。

(FNNプライムオンライン11月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース