米大統領選 トランプ氏・バイデン氏大激戦

国際


アメリカ大統領選挙の最新の状況。

日本時間の午後7時半現在、全米での選挙人獲得数は、トランプ大統領が213に対し、民主党のバイデン候補が224で、過半数の270をめぐり、激しい競り合いとなっている。

激戦州で、選挙人が20人のペンシルベニア州は、トランプ大統領が優勢だが、郵便投票分の多くがまだ集計されていない。

次は、票田としては中規模となる選挙人16人のミシガン州。

開票率が78%で、トランプ大統領が52%、バイデン氏が47%とトランプ大統領が5ポイントリードしている。

最後は、共和党の牙城と呼ばれながらも今回は激戦州となっているアリゾナ州。

開票率は82%で、トランプ大統領が47%、バイデン氏が52%と、バイデン氏が5ポイントリードしている。

(FNNプライムオンライン11月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース