ナゼ? 一方的に勝利宣言 トランプ氏が急ぐ理由

国際


アメリカ大統領選の開票作業が続く中、現職のトランプ大統領が一方的に勝利を宣言し、混乱が起きている。

このニュースについて、フジテレビ・風間晋解説委員の解説。

三田友梨佳キャスター「現職のトランプ大統領が、フロリダやテキサスなど大票田を制しましたが、まだ結果が出ていない州もある中で、勝利という宣言を口にしています。少し気が早いようにも思いますが、どのような狙いがあるのでしょうか?」

フジテレビ・風間晋解説委員「気が早いどころではないですよね。民主主義国のリーダーとして、どうなのという話です。今なら自分が大きくリードしていて勝ちは動かない。だからもう開票はやめろというふうに、一方的に主張している、そういうことですよね。まだ、数百万票の郵便投票が開票されていない状況です。最終的な結果が、まだ出ていない州がいくつもあるわけですよね。その中でも注目するのは、ペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシンの3つです」

三田友梨佳キャスター「ペンシルベニアについては、やはり注目は郵便投票ですか?」

フジテレビ・風間解説委員「この3つの州は、郵便投票を投票日の前に触ることはできないんですね。でも郵便投票を行ったのは、民主党の支持者が多い。つまり、トランプ大統領がリードしているように見えても、郵便投票の開票が進んでいくと、バイデン氏が逆転する可能性があるわけです。実際に、このウィスコンシン州、それからミシガン州では、現在、バイデン氏が逆転して、わずかなんですけれどもリードしている状況です。実は、この3つの州は4年前に、トランプ大統領があわせて7万7,000票程度の差で全部勝ちまして、そして、大統領になれたという州です。これを今度はバイデン氏が同じことがあってはならないということなんですよね。その理由として、このままでは不正が行われる、自分の勝利が奪われるという主張をしているわけです。これを聞いて、実は過激なトランプ支持者が、例えば投票所に押しかけるといった動きを始めるんじゃないか、そこがちょっと懸念されるところですよね」

(FNNプライムオンライン11月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース