強い寒気 各地で冬の訪れ 東京では木枯らし1号

社会 暮らし


北海道・札幌で初雪が観測された。

5日の朝は、今シーズン一番の冷え込みになるところもあるとみられる。

4日、平年より7日遅い初雪を観測した札幌市。

4日朝の日本付近は、冬型の気圧配置となり、今シーズンで一番の強い寒気が流れ込んだ。

午前8時には、札幌市南区で8cmの積雪を観測し、北海道は一気に冬の装いに。

地元の人「風も冷たいし、肌に感じる。中に着るものも、今これ、ダウンを初めて着た。(この冬初めてのダウンを?)そう」

札幌市の中心部から1時間ほどにある観光地・定山渓温泉も、雪景色に一変。

温泉街では想定外だったのか、少し寒そうに歩く観光客の姿もあったが、子どもたちは、「なんかいい感じ、遊べる感じ。(雪大好き?)うん。こういう白いところ好き」と話し、欄干に積もったふわふわの新雪の感触を楽しんでいた。

そして、雪は東北でも...。

東京からの湯治客「今、外に出たら寒い。でも気持ちよくて、写真撮りに来た」

思わず浴衣姿で写真撮影となったのは、青森県の酸ヶ湯。

午前8時には18cmもの雪が積もっていた。

神奈川からの観光客「(だいぶ積もりましたね?)これノーマルタイヤなんだけど」

朝の駐車場では、突然の車の“雪下ろし”に追われる宿泊客の姿が。

広島からの観光客「ドア開かない、凍っちゃって」、「こんなに積もるとは思わなかった。初めて、こういう道具を使うのが初めて」

一方、東京都心では未明に最大風速8.2メートルを観測。

気象庁は、東京地方で3年ぶりとなる“木枯らし1号”が吹いたと発表した。

5日は、この冬型の気圧配置が弱まる見込みで、全国的に秋晴れとなるが、朝は放射冷却が強まるため、今季一番の冷え込みとなるところも。

寒暖差に注意が必要となる。

(FNNプライムオンライン11月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース