空飛ぶクルマ 一般公開 「いよいよ現実に...」

経済・ビジネス 技術


空飛ぶクルマが一般公開された。

初めて一般公開されたのは、東京のベンチャー企業「SkyDrive」が開発している「空飛ぶクルマ」。

2020年8月、国内で初めて有人飛行を成功させた試作機と同じ形のもの。

実際に操縦席に座った来場者は「すごいですね、びっくりした」、「これで空飛べたら感動するなと思った」、「いよいよ現実なものに近づいてきたんだなという感じ」などと話した。

「SkyDrive」は、2023年度をめどに、飛行距離を最長10kmにのばし、まず、大阪湾周辺でタクシーサービスを始める計画。

さらに、2028年度には、自動運転での実用化を目指している。

(FNNプライムオンライン11月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース