香川県で鳥インフル 殺処分開始 防疫措置の徹底指示

社会


香川・三豊市の養鶏場で「高病原性鳥インフルエンザ」の疑いがあるニワトリが見つかった。

県は飼育されている、およそ33万羽の殺処分を始めた。

香川県・浜田恵造知事「残念ながら、三豊市の農場で鳥インフルエンザが確認された」

香川県は5日朝、対策本部会議を開き、防疫措置について確認した。

三豊市の養鶏場では4日、2,300羽のニワトリが死んでいるのが見つかり、検査の結果、高病原性鳥インフルエンザの疑いがあることがわかった。

現在、国が、さらにくわしい検査を行っている。

県は、自衛隊に派遣を要請し、飼育されているおよそ33万羽の殺処分を始めた。

国内の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生するのは、2018年1月に香川・さぬき市で確認されて以来で、殺処分数はこれまでで最も多いという。

一方、政府は5日朝、関係閣僚会議を開き、加藤官房長官は、「家禽(かきん)業者に対し、厳重な警戒を要請するとともに、予防措置について適切な支援を行うことや、関係各省が緊密に連携し、徹底した防疫措置を迅速に進めること」など首相からの指示を伝えた。

農林水産省は、現地に専門家チームを派遣し、感染状況や経路などの把握と、香川県との緊密な連携を行う方針。

(FNNプライムオンライン11月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース