政府 寒冷地の感染防止対策を検討へ 換気の専門家と連携

社会 暮らし 医療・健康


政府は、寒冷地の感染防止対策を換気の専門家と検討する。

西村経済再生相「要は、締め切った中でどうやって換気をよくするか。感染症の専門家と工学系の専門家との間で連携していただいて、対応していければ」

西村経済再生相は、寒冷地では冬場、窓を閉め切り換気が悪くなるため、感染するリスクが高くなるとして、感染症の専門家に加えて、換気にくわしい北海道大学の林教授とも連携し、対策を検討するとした。

換気の状況を調べるため、室内の二酸化炭素の濃度を測定する手法も含め、検討するとしている。

西村経済再生相は、専門家の現地調査を行うことも含め、全国的に寒くなる前に対策を示したい考え。

(FNNプライムオンライン11月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース