北海道 警戒レベル引き上げも 新型コロナ「第3波」か

社会 暮らし 医療・健康


新型コロナウイルスの全国の感染者が5日、およそ2カ月半ぶり1,000人を超えた。

特に感染の拡大が続く北海道では、札幌・ススキノ地区の飲食店に、時短営業の要請や警戒ステージ「3」への引き上げも検討されている。

北海道では5日、これまでで最も多い、119人が新たに新型コロナウイルスに感染したことが確認された。

特に、札幌・ススキノ地区での感染が拡大していて、道は警戒ステージ3への引き上げも検討している。

また、ススキノ地区の飲食店を対象に、午後10時以降の営業自粛を求め、自粛に応じた飲食店には20万円の協力金を支払うことなどを検討している。

こうした中、ススキノの飲食店からは不安の声が聞かれた。

ススキノの飲食店の人「3カ月とか半年間の期限がわかっていれば、それに向けて策も練れるが、いつ終わるかわからないのが一番恐怖です」

道は、7日にも対策本部会議を開いて、具体的な内容を決定することにしている。

(FNNプライムオンライン11月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース