みんな大好き“から揚げ” コロナ禍でも続々出店

経済・ビジネス 旅と暮らし


今、から揚げの専門店が続々オープンしている。

人気店から地元の味まで、その最前線を取材した。

鶏肉をカラッと揚げれば、外はカリッ、中はやわらかジューシー。

みんな大好き、“から揚げ”。

取材班が訪れたのは、埼玉・春日部市に先週オープンした、から揚げ専門店「からやま 春日部ユリノキ通り店」。

6日も、ランチタイムは、大勢の客でにぎわっていた。

訪れた人「おいしいです。カリカリ感がすごく好きで、もうほとんど毎日来ています」、「お肉もやわらかくて、すごく食べやすい」

このから揚げ店の系列店は、100店舗以上。

このうち15店は、2020年に入ってオープンした。

まさに、から揚げブームの勢いそのまま。

からやま調理責任者・森裕嗣さん「日本人で、から揚げが嫌いな方っていらっしゃらないと思うんですね。お客さんのニーズが高いのではなかろうかと。ライバルというよりも、幅広くわれわれから揚げ屋さんが増えていくという意味では、全体感として素晴らしいことだと」

から揚げの市場規模は、年々増加傾向にある。

2020年の市場規模は、1,050億円になる見通しで、また、から揚げの消費量も急増。

2020年は、年間で消費量が417億個に及ぶとみられ、2019年比、167%となっている。

ただ、このから揚げ人気、客の側の見方は冷静。

「(店の)入れ替わり激しいと思うけど、おいしい店は残るのかなと」といった声が聞かれた。

はたして、から揚げ人気は本物なのか。

人気の行方を探るため、春日部市役所へ。

地下のフロアへと続くらせん階段を下りて、さらに奥へ進むと...。

市役所の地下にあったのは、から揚げ店「光苑」。

実はこのお店、からあげグランプリで金賞を何度も獲得したことのある実力店。

店自慢のから揚げは、つけダレにホタテやカキなどの海鮮を使用した「海鮮塩ダレからあげ」。

衣は、片栗粉やコーンスターチで作られる。

これによって、薄皮を実現し、あっさりジューシーな食感になった。

この地で開業して8年。

地元の人たちに親しまれてきた。

2020年は、コロナ禍でありながら、2019年と比べて売り上げがおよそ1.5倍に増えたという。

光苑 春日部市本庁舎地下食堂店・相川幸子オーナー「今月も1店舗大手が入ってきて、結構勢いよく(から揚げ店)増えている」

相次ぐから揚げ店の出店について、店長は「から揚げに特化すると、ロスが少なければ利益率が安定できる点」と分析する。

また、お店ごとの味のこだわりも重要だという。

相川幸子オーナー「お客さまは『うちのから揚げじゃないと』という方もいる。お客さんの取り合いとかになるとは思っていない。差別化は図れていると思う」

時代は、“から揚げ戦国時代”といったところか。

から揚げが、ますますおいしくなることに期待。

(FNNプライムオンライン11月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース