任命前“調整”首相明かす 野党「露骨な政治介入」

政治・外交


菅首相が6日、日本学術会議が候補を推薦する前に事前調整を行ってきたと明らかにしたことを受け、野党側は「露骨な政治介入だ」と反発した。

菅首相「(以前は)推薦前において、任命の考え方のすり合わせを行った。それをふまえて、推薦名簿が出てきて、それを受けて任命の考え方に基づいて任命を行ったというプロセスです」

共産党・小池書記局長「推薦前の段階で政府が意見を伝えて、それに基づいてすり合わせて、それで名簿ができてくる。介入なんですよ、これは!」

共産党の小池書記局長が、「一定の調整ができなければ任命拒否もあり得るというのは、露骨な政治介入だ」と批判したのに対し、菅首相は、「任命権者が適切に判断する考え方は、毎回の任命で変わらない」と強調した。

(FNNプライムオンライン11月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース