何が出るかはお楽しみ! 食肉卸会社のホルモン“手動販売機”が話題…当たりはあるのか聞いてみた

経済・ビジネス 旅と暮らし

  • 食肉卸会社にある手動の「ホルモン販売機」が話題
  • ランダムに出てくるのは8種類。めったに出ない“当たり”も?
  • 担当者「目指すことはホルモン(特に小腸)の人気復活」

自動販売機はさまざまな商品を扱っているが、今、岡山市内の食肉卸会社 金川食品株式会社の事務所に“手動の販売機”が設置され、話題となっているのだ。
 


手動の販売機は、お金(硬貨)の投入口と大きな商品取り出し口が付いた、郵便受けに似た形の箱。

そして販売しているのは国産牛冷凍ホルモン。小腸・大腸・上ミノ・心臓・赤センマイ・ミノサンド・センマイ・たれ漬け盲腸で、この手動販売機は「ホルモン販売機」と名付けられている。

投入口にお金を入れると、販売機の裏側にいる従業員が対応し、8種類の中からランダムで1つを、商品取り出し口から手渡ししてくれるという。

ランダムで出るホルモンの種類
ランダムで出るホルモンの種類

ホルモンは冷凍で真空パックしたものを梱包材で包んであり、ビニール袋に入れた状態で出てくる。1人前で110~130グラムほど入っており、価格は300円。

何が出てくるのか分からないというワクワク感を味わえることに加え、最近では新型コロナウイルスの影響もあり、対面での購入を避ける人もいる。このような面でも、うれしいかもしれない。

しかし、なぜ販売機を手作りしたのか? 実際の売れ行きは? 金川食品・ホルモン販売機担当の金川昌成さんに話を聞いてみた。

ホルモン需要上げるため

ーーなぜ「ホルモン販売機」を設置したの?

設置は2019年2月からです。先代から44年、ホルモンを中心に焼肉材料を卸販売していますが、ここ10年ほどホルモン(特に小腸)の需要が落ちてきていました。ホルモンは決まった数を仕入れないといけない契約なので、売れなければ冷凍庫に在庫が溜まっていってしまいます。

なんとか小腸を売る方法はないかと考え、中古の自販機も考えましたが、高価で場所も電気代もかかるという事で自分で自作することにしました。

8種類から買い手が選択すると売れ方に偏りが出るかと思い、ランダム式を思いつき、結果、販売機の構造もシンプルに。しかも小腸中心に売り出すことができると確信しました。


ーー販売されているホルモンについて教えて

ホルモンは国産牛(和牛・交雑種)で、香川県の屠場に週1回仕入れに行っています。8種類の理由は、ホルモン1頭分から取れる部位がこれぐらいなので、こんなものかなと。5種類では少ないし、10種類じゃ多すぎるかなと。


ーー金川食品だからこそのホルモンの特徴は?

金川食品のホルモンの特徴は、屠場から出て来たホルモンを、その日か次の日には真空パックして急速冷凍しているので、とにかく新鮮です。ホルモンは鮮度が命。冷蔵庫で置いておくよりも、すぐに冷凍して食べる前に解凍した方が絶対に美味しいです。

カットした1口分の1個1個を丁寧に確認しているので膨大な時間がかかり、徹夜で作業しても販売機60回分作るのが体力も時間的にも限界です。社長である兄から「そこまでしなくても、誰も分からん」と効率上げて増産したほうがいいと言われますが、そこは譲らず、適当にして訳の分からないモノを売るぐらいなら売り切れにした方がいいと思っています。

まあ、苦労の割には利益はほとんど出ないですけど…。とにかく毎回限界まで魂込めて作っている自信作です!

運次第でめったに出ない“当たり”付き

ーーランダム形式だとどのようなメリットが大きいの?

ランダム方式の理由は、ホルモン1頭を商品にすると小腸9キロ、大腸2キロ、上ミノ200グラムなどと部位によって多くとれるもの、少量しかとれないものの差があるので、ランダムの方が都合がいいからです。

ですので、1回分で買われる方は高確率で小腸が出ます。上ミノ・ミノサンドはめったに出せませんので、そのあたりが出た場合は“当たり”だと思っていただれればと思います。

冷凍のホルモンが梱包されて出てくる
冷凍のホルモンが梱包されて出てくる

ーーどういう時に“当たり”を出すの?

当たり(上ミノ・ミノサンド)を出す時ですが、苦労して作業しても上ミノ3回分・ミノサンド2回分ぐらいしか取れない場合が多く、とにかく貴重なのでめったに出せません。
1週間でまんべんなく出すようにはしてますが、いつ出すかは買われる方の運次第
私も冷凍庫まで走って取りに行って、素早く商品を掴み、販売機から出しているので、あまり考えて出していません、そろそろ出そうかな?って感じです。


ーーどの部位が出ても、お得なの?

8種類の中で一番値段が安いモノといえば心臓ですが、国産の心臓を120グラムほど入って、300円(税込み)より安く出せる店はそう無いと思います。それでも高いと言われたら、もう「ごめんなさい」って謝るしかないですね。


ーー販売機はどうやって作ったの?

製作は「チープさ」「楽しさ」「ちょっと怪しさ」をテーマに、私が仕事の合間にホームセンターと100均で材料を調達。2×4材で枠を作り、表面はプラダン(プラスチック製ダンボール)で覆い、文字や写真を印刷して、ラミネート加工したものを貼り付けたら完成。日数は約2日で金額は3000円程度です。


ちなみに「ホルモン販売機」には“ホル兄”という公式キャラクターが存在する。これは金川さんの依頼で、当時5年生の娘さんがササッと描いてくれたそう。販売機横に掲示され、客を出迎えているのだ。

ホルモン販売機公式キャラクター「ホル兄」
ホルモン販売機公式キャラクター「ホル兄」

4月を境目に急に売れ始めた

ーー現在の売れ行きはどう?

現在は各メディアで取り上げていただきまして、そのたびに販売機の売上があがってますが、11月3日に地元の新聞に掲載していただき、翌日には今までの最高記録となる40回分が売れました。でも、今年の3月ぐらいまでは週に2~3回ほどでした。買われる方は、1回分より2~3回分の方が多い感じです。

コロナとの関連があって売り上げが伸びたのか、たまたまだったのかはわかりませんが、4月を境目に販売機が急に売れ始めて、連休前も庭でBBQをするというお客さんが多かったり、「外食もできなくなったので…」という声もあったので、やはりコロナの影響があったのではないかと思います。ご家庭で食べられる方が増えてきたのかと思ってます。


ーー利用者の反応は?

事務所内から利用される方は基本的に見えませんが、商品を出した時に喜んでくれる方、ひたすら笑いながら通り過ぎていく若者、両親と買いに来てくれて、取り出し口からのぞく子供、などなど。楽しんでくれているのがわかるので、作ってよかったな~と思います。


ーー反響・反応に対してはどう思う?

もともと売れなくても、話のネタになればイイと思っていて去年全く売れない日々でしたが、自分の中では「これはオモシロイから続けて行こう!」となぜか自信を持っていました。

まちの片隅に訳の分からないホルモン販売機があったら今の時代、絶対面白がって食いついてくれる人がいる!と今年ようやく注目されて、嬉しくてニヤニヤしてます。同時にヘタな物出せない!慢心せず、手を抜かず今まで以上にイイホルモンを出していかないといけないので、少々プレッシャーも感じております。


ーー「ホルモン販売機」で目指すのは?

ホルモン販売機で目指すことは、ホルモン(特に小腸)の人気復活です!今、柔らかい赤身肉に人気が集中しているので、なんとかホルモンのうまさをみんなに知ってもらいたい!子供達に!若い女子に!ホルモンを食べてもらいたい!全国の焼肉屋さんで小腸が売り切れる日を夢見てます!


ーー最後に、ホルモンの魅力とは?

「ホルモンの魅力」なんてオシャレな表現はホルモンには必要ありません。「うまい」これに尽きます!バラエティーミートと言われるほど変化に富む内臓肉、コッテリ系、コリコリ系、アッサリ系などさまざまな味わい、焼いてヨシ、炒めてヨシ、煮込んでヨシ!七輪で焼けば余分な脂が落ちさらにうまいです!


なお「ホルモン販売機」は、日曜・祝日以外の10~17時にて設置されているという。配達などの外出時やホルモン仕入れ時で対応ができない際は、取り外しているとのことだ。

どの部位が出てきてもお得な値段で、ちょっとしたワクワク感も楽しめる。自作で作られた「ホルモン販売機」は、新型コロナウイルスによる外出自粛などの影響もあり、今年から力を発揮しているのではないかとのこと。

売れない日々の中でも販売機を続けた金川さんには、先見の明があったのかもしれない。
 

(FNNプライムオンライン11月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース