トヨタ 1兆4200億円に上方修正 今年度の最終利益

経済・ビジネス


販売好調で、大幅な上方修正。

トヨタ自動車は、2021年3月期の業績予想について、純利益を従来の7,300億円から1兆4,200億円に上方修正し、売上高も24兆円から26兆円に引き上げた。

アメリカや中国を中心に想定以上のペースで販売が回復していることが要因で、2020年9月の販売台数は、9月としては過去最高となった。

一方、4月から9月までの連結決算は、売上が前の年の同じ時期に比べ、25.9%少ない、11兆3,752億円、本業のもうけを示す営業利益は、62.8%少ない、5,199億円だった。

また、ホンダも、中国を中心に自動車販売が好調で、業績予想の純利益を1,650億円から3,900億円に上方修正した。

SMBC日興証券によると、東証1部に上場する3月期決算企業の、2020年4月から9月までの決算は、5日までに665社で発表され、純利益の合計は、前の年の同じ時期に比べて45.5%減少した。

陸運や空運をはじめ、自動車を含む「輸送用機器」などが大きな落ち込みとなっていて、依然、感染拡大の影響が続いている。

一方、2020年度1年の通期では、純利益の合計は36.8%減少している。

(FNNプライムオンライン11月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース