皇居で「立皇嗣宣明の儀」 秋篠宮さまの地位宣言

社会 皇室


秋篠宮さまが、皇位継承順位1位の皇嗣になられたことを示す「立皇嗣の礼(りっこうしのれい)」の中心的儀式、「立皇嗣宣明の儀(りっこうしせんめいのぎ)」が、8日午前、皇居・宮殿で行われた。

お代替わりの締めくくりとなる「立皇嗣の礼」で、秋篠宮さまの皇嗣としての地位を天皇陛下が宣言された。

天皇陛下「本日ここに、立皇嗣宣明の儀を行い、皇室典範の定めるところにより、文仁親王が皇嗣であることを、広く内外に宣明します」

秋篠宮さま「皇嗣としての責務に深く思いを致し、務めを果たしてまいりたく存じます」

午前9時半前、ご夫妻は、長男の悠仁さまの見送りを受け、赤坂御用地のお住まいを出発された。

「立皇嗣宣明の儀」は、午前11時ごろから、皇居・宮殿の「松の間」で行われた。

陛下が、秋篠宮さまが皇嗣になられたことを宣言されると、秋篠宮さまは、両陛下の前に進み出て、決意を述べられ、菅首相が祝辞を述べ、儀式は終了した。

夕方には、両陛下から祝福のことばがおくられる「朝見の儀」が行われる。

(FNNプライムオンライン11月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース