日本への影響・生活に変化は? バイデン氏“勝利”でどうなる?

国際


投票日から丸4日たったアメリカ大統領選挙で、選挙人の過半数を確保した民主党のジョー・バイデン氏が「勝利宣言」を行った。

フジテレビ・風間晋解説委員が解説する。

生野陽子キャスター「風間さん、今回の結果をどうみますか?」

フジテレビ・風間晋解説委員「選挙は、トランプ大統領はあと4年に、イエスかノーかの戦いだったんですね。そして、『ノーモアトランプ』の声が勝ったということです。大統領は、4年前より740万票の得票を伸ばしましたけども、バイデンさんは、それを上回る870万票増やしているんですよ」

生野キャスター「勝利宣言では、『分断ではなく結束を』と話していましたけれども、どんな政治になりそうでしょうか?」

フジテレビ・風間解説委員「『融和』と言うのは簡単なんですよ。でも、アメリカの政治の現実っていうのは『やられたらやり返す』なんですね。トランプ大統領は、オバマ前大統領の医療保険制度、地球温暖化対策、移民政策などをすべてを否定しました。まず、それらを元に戻さないと、バイデン支持者は収まらないわけです。それで融和が可能なのか、なかなか難しいと思いますね」

生野キャスター「大統領が変わった場合には、わたしたちの生活に目に見えるような変化はあるんでしょうか?」

フジテレビ・風間解説委員「すぐに気がつくような変化っていうのは、なかなか考えにくいんですけれども、バイデンさんの新型コロナ対策が効果的であれば、それは回り回って、日本の景気や雇用にプラスにつながると思うんですね。日本はもちろん、世界の経済はアメリカと結びついてますから。アメリカで新型コロナ収束の兆しが見えてくれば、ことしは、カット、カットの給料やボーナス、これが来年は持ち直してくれるんじゃないか、そういう期待につながると思いますね」

(FNNプライムオンライン11月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース