ニワトリ4万8000羽殺処分へ 香川で鳥インフル疑い

社会


香川・東かがわ市の養鶏場で、鳥インフルエンザの疑いがあるニワトリ4万8,000羽を処分。

東かがわ市の養鶏場では7日、死んだニワトリの数が増加していると県に連絡があり、検査の結果、H5亜型の病原性の高い鳥インフルエンザの疑いがあることがわかった。

県は、防疫体制の徹底を指示し、飼育されているおよそ4万8,000羽はすべて殺処分される。

11月5日に鳥インフルエンザが確認された三豊市の養鶏場とは50kmほど離れていて、県などは関連についても調べている。

(FNNプライムオンライン11月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース