「TSUTAYAえほん大賞」が発表…子どもに読み聞かせたい絵本ベスト3をご紹介

暮らし 文化

  • 「TSUTAYAえほん大賞」の作品をご紹介
  • 子供に息を吹きかけさせて親子で楽しめる絵本
  • 寝ぐせがつくまでの過程を描いた絵本

「TSUTAYAえほん大賞」が発表

先日「TSUTAYAえほん大賞」が発表。子供に読みたい絵本上位3作品をシェアする。


第3位は色水をつかって表現した松田奈那子さんの「KADOKAWA ふーってして」1200円(税別)。


井上清華アナウンサー:
きいろの いろみず ぽとり ねえ ふーって  して あっ たいよう


子供に息を吹きかけさせて親子で楽しめる絵本

文章を読みながら子供に息を吹きかけさせて親子で楽しめる絵本。


ハリネズミの親子に息を吹きかけると、背中のイラストが変化した。




カラフルな丸に息をふきかけてみると、お花が咲いた。




最後のページには色水を使って楽しむ遊び方も書いてある。


寝ぐせがつくまでの過程を描いた絵本

続いて2位に選ばれたのはヨシタケシンスケさんの「ブロンズ新社 ねぐせのしくみ」980円(税別)。


この絵本は寝ぐせがつくまでに何が起こっているのかを描いたユーモアあふれる作品。文章はほとんどなく、絵で物語が進んでいく。


井上清華アナウンサー:
うんぐっすりオッケー! うん!ねぐせオッケー!

女の子が寝ている間に、小さな生きものたちに寝ぐせをつけられていた。


パンどろぼうが町のパン屋さんを訪れる絵本

そして第1位は柴田ケイコさんの「KADOKAWA パンどろぼう」1300円(税別)。


井上清華アナウンサー:
おれは パンどろぼう。おいしいパンを さがしもとめる おおどろぼうさ

大好きなパンを求めて、パンどろぼうが町のパン屋さんを訪れるストーリー。


井上清華アナウンサー:
ねらったパンを かついだら でぐちまで いっきに ピューン! さっそく おおきなおくちで「いただきま~す!!」まずい

おいしいパンを食べるときの顔や予想外の味だったときなど、パンどろぼうの様々な表情も魅力の絵本になっている。


(「めざましテレビ」11月9日放送分より)

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース