今シーズン一番の寒気 初雪各地で サンマ最盛期に

社会 暮らし


強い寒気が流れ込んだ影響で、9日朝は、東北北部から初雪の便りが届く中、不漁の続くサンマがようやく最盛期を迎えている。

車道にうっすらと積もる、銀のじゅうたん。

北日本に、今シーズン一番の強い寒気が流れ込み、9日朝にかけて、青森や岩手・盛岡で、初雪が観測された。

本州で11月上旬に初雪が観測されたのは、4年ぶりのこと。

また、北海道・旭川市などの市街地でも、雪が積もった。

女性「朝起きて、寒くてびっくりして。本当に嫌になりますよね」

このあとも強い寒気の影響で、北海道を中心に雪が降る予想だが、今回の寒気は10日がピークで、北海道や東北北部では、11日の午前中まで断続的に雪が降るとみられる。

こうした中、秋の味覚、サンマが、ようやく最盛期を迎えた。

網いっぱいのサンマが次々と水揚げされている北海道・根室市の花咲港では、500トン以上水揚げされたほか、岩手・大船渡市でも、およそ350トン水揚げされ、港が活気にあふれた。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース