「核のごみ」返還 5年ぶり再開へ 再処理委託のイギリスから

経済・ビジネス


原発から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」について、再処理を委託している海外からの返還を、5年ぶりに再開する方向で調整に入ったことがわかった。

原発の使用済み核燃料の再処理は、フランスとイギリスに委託していて、再処理したあとに残る「核のごみ」は、青森・六ケ所村の施設で受け入れていたが、2016年から中断していた。

日本原燃によると、貯蔵管理センターが審査に合格し、イギリスからの返還を5年ぶりに再開する方向で調整しているという。

国は、こうした「核のごみ」を最終的に地下処分場に埋める計画で、現在、北海道の2つの自治体が調査に名乗りを上げているが、具体的な見通しは立っていない。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース