西武鉄道も終電繰り上げへ 首都圏各社で続々と

社会 旅と暮らし


西武鉄道は、2021年春のダイヤ改正で、終電の時刻を20分から30分程度繰り上げると発表した。

西武鉄道では、新型コロナウイルスの影響で、深夜の利用者が2019年と比べて、50%から60%と大幅に減少したことに加え、夜間作業の時間確保のため、終電の繰り上げを行うという。

主要路線の終電時刻を20分から30分程度繰り上げる方針で、詳細は2021年1月ごろに周知し、2021年春のダイヤ改正で運用される。

首都圏の鉄道会社では、JR東日本や小田急電鉄が、すでに終電の繰り上げを表明していて、終電を繰り上げる鉄道会社が増えてきている。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース