被害を防ぐ手段はある? 悪質サイトでニセ物急増

社会 暮らし


誰もが知る有名ブランドのジャージーを前に。

被害にあった男性「本当に安っぽいですね」

ロゴを見ると、どこか変。

こちらのパーカのロゴも、3つあるはずのデザインが...。

そう、これは、偽ブランドトラブル。

男性が利用したのは、ネット通販の悪質サイト。

被害にあったのは、石川・輪島市に住む男性。

購入のきっかけは、SNSの広告だった。

被害にあった男性「このジャージーかっこいいなと思って、欲しいと思いました。定価で1万6,600円が半額以下の7,900円」

サイトには、しっかりと“アディダス”の文字が。

しかし、送られてきた商品のタグは、本物とは似ても似つかない粗悪なもの。

「MADE IN CHINA」と書かれただけだった。

業者に返金を求めたが...。

被害にあった男性「まったくの音信不通というか。(メールなどしても)音沙汰なしでした」

あらためてこの業者に電話をかけてみると、つながらない電話。

どうしたら、偽ブランド被害を防げるのだろうか。

石川県消費生活支援センター・吉田朗子所長「他の通販サイトに比べて、格安の販売価格が表示されていたり、運営者の氏名・住所・電話番号が表示されていない場合、特に注意が必要」

こうしたネット通販トラブルは、全国で急増。

2020年6月までに国民生活センターに寄せられた相談は、2019年の倍近くになっており、注意が必要。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース