北海道でGoToイート開始 新型コロナ感染拡大の中... 感染対策を協議

政治・外交 暮らし 医療・健康


9日、過去最多となる200人の新型コロナウイルスの感染を確認した北海道では、10日も新たに150人を超える見通しで、感染拡大に歯止めがかからない。

北海道では、新たに150人を超える感染者を確認する見込みで、6日連続で100人を超えることがわかった。

感染者が急増している札幌市では、特別養護老人ホームで50人を超えるクラスターが発生している。

一方、打撃を受けた飲食業界を支援するため、GoToイート北海道プレミアム付食事券が、10日から金融機関などで発売された。

1,000円分の食事券10枚セット、1万円分を8,000円で販売する。

感染が拡大する中での販売開始に、道民の反応は...。

札幌市民は「感染対策している店を選んで食事する」、「大丈夫なんじゃないかな」などと話した。

食事券は、GoToイートキャンペーンに登録している、北海道内のおよそ4,800店で使用することができる。

その北海道の鈴木知事は、10日午前、菅首相と面会し、最新の感染状況などを報告し、今後の対応を協議した。

鈴木知事「感染状況について、総理に説明をした。また、さまざまな国から支援をいただいている。支援に対する御礼。そして、引き続きのご支援について、お願いを申し上げました」

これに対し、菅首相は「しっかり連携して取り組みを進めていこう」と応じたという。

鈴木知事は、今後の対応について、「国のバックアップをいただきながら、総力で立ち向かいたい」と決意を述べた。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース