宇宙のロマンを感じて 「習志野隕石」初公開

社会 科学


2020年7月、関東上空で相次いで目撃された大きな火球の一部が、10日から公開されることになった。

国立科学博物館で公開されたのは、千葉・習志野市で発見されたため、「習志野隕石」と名づけられた隕石の破片。

この隕石は、2020年7月、関東上空で相次いで目撃された大きな火球の一部とみられている。

隕石は、12月13日まで展示されている。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース