減塩明太子開発 目的外の補助金使用は「不当」 会計検査院

政治・外交


目的外に使用された明太子業者への補助金を「不当」と指摘。

会計検査院は、2019年度決算の検査報告を菅首相に提出した。

予算の無駄遣いなど、支出が「不当」などと指摘した件数はあわせて248件で、金額では297億円にのぼる。

このうち「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援事業」では、福岡市の企業が「減塩明太子の革新的な試作品開発」などに交付された補助金の一部を、従来品を生産するために使っていたという。

検査院は、補助金相当額870万円を不当と指摘した。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース