菅首相“冬コロナ”で指示 「踏み込んだ対策」

政治・外交 医療・健康


政府は10日午後、新型コロナウイルスの全国的な感染者の増加を受けて、対策本部会議を開き、菅首相は、専門家や保健師の派遣など、各地のクラスターの特徴に応じて、効果的な対策を講じていくと表明した。

菅首相「クラスターの特徴に応じ、関係者が連携し、効果的な対策や支援を講じるなど、今までよりも踏み込んだクラスター対応を実施する」

また、内外のワクチン開発に触れ、「人類の英知を結集し対応する」姿勢を強調した。

そのうえで、閣僚に対し、冬に備えてこれまで得られた科学的な知見を生かし、「感染拡大の防止」と「社会経済活動」の両立に向け、全力で対応するよう指示した。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース