腸活グルメで免疫力UP “ウイルス対策”女性が注目

暮らし 医療・健康 旅と暮らし


「食べてきれいになりたい」。
そんな女性たちから注目を集める“腸活”。

免疫力アップにもつながる“腸活グルメ”が話題だという。

フライパンに敷き詰められたギョーザ。
香ばしい香りに包まれる。

実は、この俵形のギョーザを注文するのは、多くが女性客。

女性客「食べてきれいになれるんだったら、どんどん食べよう」

「食べてきれいに」、その名も“腸活ギョーザ”。

テイクアウト客「ギョーザで腸活できるんだって、すごくびっくり」

腸活とは、腸内環境を整えて、免疫力をアップさせようとすること。

新型コロナウイルスやインフルエンザが心配な冬に向けて、今、さまざまな飲食店で腸活メニューが誕生している。

東京・荻窪に2020年9月にオープンした「餃子の花は咲く」では、腸活をテーマにしたギョーザを販売。

餡(あん)の具材には、食物繊維を含んだ大麦や大豆ミートを使用。

一番のポイントは...。

餃子の花は咲く・北田店長「中に入っている野菜は、キャベツ、白菜、タマネギ、高菜、ニラなど。一度発酵させて使っています」

キャベツや白菜などを浅漬けにした発酵野菜は、善玉菌を増やすのに効果抜群だそう。

“腸活ギョーザ”を15個注文した20代女性「腸活は、最近すごく女性の中でもトレンドになっているので、自分自身もヨーグルト食べたり、発酵のものを食べたり気をつけています。おいしいものを健康的にずっと食べたいというのがあるので、(店を)活用したいなと思います」

テイクアウトも絶好調だという。

新宿の純喫茶「カフェラヴォワ」では、10月に2種類の“腸活スイーツ”が誕生。

乳酸菌豊富なヨーグルトに、イチゴ、バナナを使ったスムージー。
上には、食物繊維たっぷりのグラノーラ。
イチゴ5つ分が入ったスイーツとなっている。

また、キウイとヨーグルトが入ったスムージーには、スーパーフード「チアシード」も加わり、スイーツでありながら、おなかも満たされる一品。

女性客「見た目にかわいいなというのと、コロナウイルスが怖いなということもあって、免疫力アップにひかれて」

爽やかな風味で食感も楽しめるスムージー。
購入客は、すべて女性だという。

一方、健康意識の高い女性客が9割を占めるのは、南青山にある“腸活カフェ”。

お店のコンセプトは、「体内発酵」。

玄米や大豆ミートなどを使ったオリジナルのメニューを開発している。

30代女性「バランスが良くて、味付けもあまりトゥーマッチ(しょっぱい)じゃないのがいい。心身の管理というのは、一番大事だと思っています」

20代女性「最近気分が落ち込んでいるなと思って、腸とメンタルが関係が深いと聞いて、おなかをきれいにするために、食べ物から変えてみようかなと」

この秋から発売された腸活スープは、その名の通り、食物繊維が豊富なゴボウ、ビタミン・ミネラルが入ったキノコ、発酵食品の代表格「みそ」と、注目の腸活食材をたっぷり。

腸活メニューをおしゃれに楽しみ、健康を維持するライフスタイルが、コロナ禍の今、さらに浸透していきそう。

30代女性「(腸活が今後も続けていく?)続けていくと思います。ライフワークだと思います」

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース