5Gスマホ市場に“低価格”競争 各メーカーが続々参戦

経済・ビジネス


高機能なのに低価格。
5G対応のスマートフォンも格安の時代へと移った。

プラススタイル・近藤正充取締役社長「5Gにもコスパをというところで、価格も3万9,800円。ほかの5G端末と比べても安いレベルにあるのではないか」

ソフトバンクグループのプラススタイルが10日、取り扱いを発表したのは、3万円台の5G対応端末。

イヤホンジャックを搭載し、ハイレゾ、CDを超える高音質音源の再生にも対応。

背面に4眼カメラを搭載し、AI処理による高解像度の写真撮影が可能。

また、SIMフリーで携帯会社を選ばず使用することもできる。

メーカーは、テレビなどを作っている中国のTCL。

中国市場への出荷を見込んで、部品などを大量に安く調達することができるため、低価格を実現できたという。

これに先駆け、先週NTTドコモは3万円台の端末を発表。

KDDIも中国のシャオミ製の端末を4万3,000円ほどで発売している。

現在、5Gの国内での使用可能エリアは都市部に限られているが、携帯端末を扱うショップでは、10万円を超えるような端末から、3万円台の端末まで並んでいる。

ビックカメラ有楽町店 大墨拓巳さん「5Gの端末は、今続々と出ている状態で、注目度は高くなっている。5Gの機種や新発売された端末は手に取る人が多い」

各社がこぞって打ち出した通信料の格安プランに続き、5Gは端末までもが格安競争に突入している。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース