近畿日本ツーリスト 全国の店舗「3分の1」に コロナの影響受け...

経済・ビジネス 旅と暮らし


近畿日本ツーリストは、全国にある店舗を、およそ3分の1に縮小すると発表した。

近畿日本ツーリストを傘下に持つ、KNT-CTホールディングスが11日に発表したもので、全国に138店ある近畿日本ツーリストの個人旅行店舗を、2022年3月末までに、およそ3分の1に縮小するとしている。

また、2024年度末までに、現在およそ7,000人いる社員を、新規採用人数の抑制や定年退職や出向などにより、およそ3分の2に縮小する方針だという。

KNT-CTホールディングスは、新型コロナウイルスの影響で、2021年3月期が168億円の最終赤字になる見通し。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース