新型コロナ 専門家会議分析「非常に危険 厳しい状況」

社会 暮らし 医療・健康


日本医師会の中川俊男会長は、各地で新型コロナウイルスの感染者数が増加している状況について、「第3波と考えてもいいのではないか」との見解を明らかにした。

日本医師会・中川会長「第3波と考えてもいいのではないか。全国的な感染者の急増が続けば、医療提供体制が全国で逼迫(ひっぱく)するのは明らか」

また、11日に開かれた厚生労働省に助言する専門家会議では、特に北海道や大阪、愛知を中心に、新規の感染者が増えていて、全国的な感染増加につながっているとの分析結果が出されたという。

関係者によると、会議では「非常に危険で厳しい状況」との認識で一致したという。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース