県議に50万円 河井案里被告に敗北 溝手顕正氏も

社会


河井案里被告のライバルも、現金を渡していた。

2019年の参院選で、河井案里被告に敗れ落選した、自民党の元参議院議員・溝手顕正氏の政党支部が、選挙1カ月前の2019年6月、元広島県議会議長の奥原信也県議の支部の口座に、50万円を振り込んでいたことがわかった。

溝手氏の地元秘書は、法律的に問題はなく、別の秘書から「奥原県議から要求された」と聞いたとしている。

奥原信也県議「ないない、何で要求するの? わたしは要求したことないよ、お金なんか」

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース