自民党分裂選挙も?森田知事不出馬表明の千葉県知事選挙で深まる“派閥対立”

政治・外交

  • 鈴木大地氏の擁立構想は森元首相の鶴の一声で土壇場NGに
  • 自民党は「河上派」VS「石井派」で分裂状態
  • 出馬表明の熊谷千葉市長に対抗できる候補はいるのか!?

 

2021年春の千葉県知事選挙をめぐり、現職の森田健作知事が11月12日の記者会見で不出馬を表明した。

11月12日
11月12日

一方で、自民党内での候補者選びが難航しており、千葉県内のみならず永田町でも注目が集まっている。自民党千葉県連は当初、水泳の五輪金メダリストで前スポーツ庁長官の鈴木大地氏を擁立する方向で動いていたが、“土壇場”で辞退が伝えられ、想定外の事態となっているのだ。今後も更なる波乱が予想される千葉県知事選挙。特有の地元事情も絡んだ動向を解説する。

「鈴木大地なら勝てる」と思っていたが…

関係者によると現職の森田健作知事は、不出馬を表明する以前から自民党千葉県連に対し「後継者選びを進めてほしい」と伝達していた。

(森田健作知事・千葉県HPより)
(森田健作知事・千葉県HPより)

そこで、自民党千葉県連は水面下で、知事選候補者を模索。白羽の矢が立ったのは、水泳のソウル五輪金メダリストとして広く知られ、今年9月まで5年間スポーツ庁長官を務めた行政経験を持つ、鈴木大地氏だった。自民党千葉県連は10月5日、会長の渡辺博道衆院議員ら幹部が、都内のホテルに鈴木氏を呼び、「懇談」と称して出馬要請に向けた地ならしを行った。

10月5日
10月5日

これを受け、千葉県選出の国会議員らは10月14日に会合を開き、「10月中に鈴木氏への出馬要請を正式に決定する」ことを確認した。

(熊谷俊人市長・千葉市HPより)
(熊谷俊人市長・千葉市HPより)

その鈴木氏が出馬した場合の対抗馬として想定されていたのが、千葉市の熊谷俊人市長だった。新型コロナウイルスへの対応でも注目された熊谷氏は旧民主党の地方議員出身で、かねてより知事選立候補の意欲があるとされ、42歳という若さと県庁所在地の現職市長という強みを持っていた。その「熊谷氏に対抗しうる候補」として自民党内で鈴木氏への期待が高まっていたのだ

千葉の自民党は2派閥に分裂

ただここで言及しないといけないのが、千葉県特有の自民党の地元事情だ。千葉県議会の自民党は、県連幹事長の河上茂県議率いる「河上派」と、自民党本部の幹事長代理の石井準一参院議員が率いる「石井派」の2つの派閥に大きく分かれていて、県連幹事長として公認権を持つ河上氏は“県議会のボス”と言われている。

河上茂氏HP・石井準一氏FBより
河上茂氏HP・石井準一氏FBより

今回の千葉県知事選挙の候補者調整においては、「河上派」が鈴木氏を推す一方、「石井派」は熊谷氏に接近していた。前述の国会議員会合でも、鈴木氏を県連として推薦する方向を確認していたが、石井氏一人だけは反対の姿勢を示していた。渡辺県連会長は「分裂選挙は避けたい」と強調していたが、構図はまさに分裂選挙の様相を呈していた。

土壇場で鈴木大地氏NG「ゼロベースで考えないといけない」

ところが、事態が動いたのは10月28日。まさに自民党千葉県連が「月内に鈴木氏を擁立する」と決めていた期限が迫る中での出来事だった。自民党の千葉県連幹部は、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森元首相とともに、鈴木氏と会談。そこで森氏は鈴木氏に対し「(知事選に)出る出ないは勝手だが、お前は選挙を知らなすぎる。知事選候補には向いていない」と告げた。

そして、出馬を明言していなかった鈴木氏本人も、同日、県連幹部に対し「反対が強いので、この状況での立候補は難しい」と出馬を見送る考えを伝えたのだ。


森氏は30日、報道陣の取材に応じ、前述の熊谷氏の動きなどを念頭に「(分裂選挙で)泥沼になるに決まっている。そんなところに鈴木大地君を放り込んだら、無残なことになると思った」と語った。鈴木氏が自民党の分裂選挙に巻き込まれ、もし負けるようなことがあれば、東京オリンピック・パラリンピックを前に、金メダリストとしての経歴に傷がついてしまうということだ。

これにより、鈴木氏を擁立する前提で動いていた県連は「ゼロベースで考えないといけない」(県連幹部)状況を迫られた。ある千葉県選出の国会議員は「いやあ難しいよ、こういう状況で立候補しようという人なんていないだろう」とため息を漏らした。

熊谷千葉市長に勝る候補はいるのか!?

熊谷千葉市長は11月2日、「私の思いと能力の全てを千葉県と県民の皆様に捧げたい」と述べ、正式に出馬を表明。その後、石井準一氏の政治資金パーティに出席して支援を求めた。

一方で自民党千葉県連は、幹部を中心に、鈴木大地氏に替わる候補者の選定を進めており、県議会議員の臼井正一氏や関政幸氏などの名前が浮上している。熊谷氏の知名度に対抗できる候補を立てられるか、また党内の分裂をどう収束させることができるか、試されている状況だ。

現職の森田知事の任期満了は2021年4月だが、選挙の号砲はすでに鳴っている。千葉県内のみならず、永田町でも、今後の展開に注目が集まっている。

(フジテレビ政治部 山田勇)

 

(FNNプライムオンライン11月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース