バイデン氏 政権移行に懸念の声も トランプ氏を批判

国際


アメリカ大統領選挙で敗北を認めないトランプ大統領に対して、当選を確実にしているバイデン氏が攻勢を強めている。

民主党・バイデン氏「政権移行は順調に始まっている。(トランプ大統領が敗北を認めないことについて?)率直に言って恥ずべきことだ。大統領の政治的遺産にはならない」

バイデン氏は10日、強硬姿勢を崩さないトランプ大統領を勝利宣言後、初めて厳しく批判した。

さらにバイデン氏は、医療保険制度、いわゆる「オバマ・ケア」の拡充を表明したほか、イギリスやフランスなどヨーロッパの各国首脳と相次いで電話で会談し、気候変動問題などで連携する方針を示した。

着々と政権移行作業を進めるバイデン陣営に対して、いまだに敗北を認めていないトランプ大統領陣営は、側近のポンペオ国務長官が10日、「トランプ政権の2期目に向け準備が整った」と主張した。

また、アメリカメディアは、政権移行の手続きを担う政府機関の責任者が選挙結果を法的に認定しない異例の事態になっているとしている。

この認定がなければ、バイデン氏側は機密情報にアクセスできないため、混乱が続くことになる。

(FNNプライムオンライン11月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース