【独自】バスやタクシーにウイルス対策を 国が費用補助検討

社会 医療・健康 旅と暮らし


新型コロナウイルスの影響で利用者が減っているタクシーやバスに対し、ウイルスを除去するフィルターを設置する補助金を、国が検討していることがわかった。

関係者によると、2021年の東京オリンピックやビジネスなどで安心してタクシーやバスを利用してもらうため、車内のウイルスを除去する高性能フィルターや、空気清浄モニター設置の促進が検討されている。

設置費用は10万円ほどかかるため、国が半額程度を補助する案も出ている。

日本交通・土屋真吾さんは、「(お客さまには)マスクの着用をお願いしながら、こういった形で安心いただき乗車できる交通機関の形を作っていきたい」と話した。

新型コロナウイルスの影響で、タクシーやバスの利用者は減っていて、業界を支援する狙いもある。

(FNNプライムオンライン11月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース