がん患者の不妊治療を支援へ 菅首相「全部受け止める」

政治・外交 医療・健康


がん患者の不妊治療に、菅首相が前向きな考えを示した。

自民党・野田聖子幹事長代行「抗がん治療する人たちが、治ったのちに、また親になれる。そういう新しい社会が見えてくる」

不妊治療への支援を進める自民党の議員連盟は12日、中間提言を菅首相に提出し、新たな補正予算案に反映するよう申し入れた。

この中で、議連は、抗がん剤や放射線治療を受けるがん患者が、卵子や精子を凍結保存して、将来的に子どもを持てるように、国の支援制度をつくるよう求めた。

菅首相は「基本的に全部受け止める」と応じ、前向きな考えを示した。

(FNNプライムオンライン11月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース