菅首相 X バイデン氏に反発 中国「尖閣は固有領土」

国際


アメリカの大統領選挙で勝利を確実にした民主党のバイデン氏が、菅首相との電話会談で、沖縄県の尖閣諸島が日米安保条約の5条の適用対象であると言明したことについて、中国政府が強く反発した。

中国外務省報道官「“釣魚島”(尖閣諸島)は、中国固有の領土だ」

中国外務省の報道官は、12日午後に行われた会見で、尖閣諸島について、「中国固有の領土だ」とあらためて主張した。

そのうえで、日米安保条約について、「冷戦の産物である」などと批判した。

(FNNプライムオンライン11月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース