「産休とりにくい」 議会規則に産休明記を

政治・外交


女性議員が出産する際の地方議会の規則での欠席理由が「事故のため」とされている問題で、改善の動き。

自民党の女性議員らが12日、橋本女性活躍担当相を訪れ、欠席理由に関し、「産前産後の休暇のため」など、具体的でわかりやすい表現にあらためるよう求める提言書を手渡した。

「事故を理由に、産休は取りにくい」との指摘があがっていたことを受けての提言。

自民党・稲田朋美衆院議員「出産は『事故』なのか、それは違うと思うので」

さらに提言書では、出産前6週間、出産後8週間の産休期間の明記も求めており、橋本女性活躍担当相は、前向きな姿勢を示した。

(FNNプライムオンライン11月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース