韓日議連が日韓議連と会合 13日に菅首相を表敬訪問

政治・外交


超党派の日韓議連と韓国の韓日議連が、12日、国会内で合同幹事会を開き、日韓両国の関係改善に取り組む必要性を確認した。

日韓議連・額賀福志郎会長「しっかりと大局観に立って、新しい日韓関係を築いていくように、お互いに努力できればありがたい」

出席者によると、会合では、年内にもオンラインで合同総会を開催することで合意したほか、韓国側から提案された、東京オリンピックのための「交流協力特別委員会」を新設する方向も確認した。

いわゆる徴用工問題に関しては、韓国側から具体的な言及はなく、両国の政治家が日韓の関係改善に取り組む必要性を確認したという。

韓日議連の幹部は、このあと、自民党の二階幹事長と面会した。

13日は、菅首相への表敬訪問を調整しているほか、立憲民主党の枝野代表らと面会し、14日に帰国する予定。

(FNNプライムオンライン11月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース