満席の映画館でも飲食可能に 政府の分科会

社会 経済・ビジネス 医療・健康 旅と暮らし


大規模イベントの制限は維持される一方で、映画館での飲食が可能となった。

政府の分科会で、プロ野球など大規模イベントでの観客を収容人数の最大50%にする制限について、感染者の増加を受けて、2021年2月末まで維持されることが決まった。

一方で、映画館は飲食をする場合、観客は50%までに制限されているが、鑑賞中に会話をしないことなどを条件に、12月以降、満席でも飲食が可能になる。

初詣についてはマスク着用や消毒のうえ、境内での食べ歩きを控え、持ち帰りを推奨すること、大声を出さないよう注意喚起を行うことや、混雑を避けるよう呼びかけることを求めた。

(FNNプライムオンライン11月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース