「Googleフォト」無料・無制限保管を終了へ 無料の上限15GBに

経済・ビジネス 技術


グーグルが提供する画像の無料保管サービスに、上限が設けられることになった。

グーグルは、写真や動画の保管サービス「Googleフォト」について、2021年6月から無料で保管できるデータ量の上限を15GBにすると発表した。

保存容量が上限の15GBに近づくと、それぞれのユーザーに通知するほか、追加の容量を購入できる有料サービスも提供するとしている。

グーグルフォトの利用者は月間10億人を超えるとされるが、今回の変更について、グーグルは「ほとんどのユーザーは数年間対応の必要はないと思われる」としている。

「Googleフォト」に関する新たな対応について、街で聞いた。

旅行会社(20代)「Googleフォトは家族が使っていて、旅行に行ったときに共有するとき使ったことがある。(利用の)頻度的にもあまり多くないので、お金がかかってしまうのなら、普通の、普段使っているやつで管理していいかな」

医療関係(20代)「わたしは、携帯が爆発しそうになりながら、全部携帯に保存している。適宜消すみたいな。セキュリティーとかがしっかりしているなら、多少(お金が)かかっても仕方がないかな」

営業職(30代)「最近は、サブスクみたいなサービスがめちゃくちゃ多いので、そういうのがちょこちょこ増えていくのはちょっと困るなとは思う。“ちりつも”なので、月額200円でも300円でも、気にせずにどんどん契約しちゃうと結構大きい金額になっちゃうので」

システムエンジニア(40代)「慈善事業ではないので、ある程度は収益をとらないといけないのかなと思う。取っかかりが(必要)、初めから課金させられちゃうと、入る人も入らないかもしれないので、多少はしょうがないと思う」

家具職人(40代)「僕はGoogleフォトを使っている。乗り換える場合に、今までのデータをどう移したらいいのかという問題が出てくる。自力で保存できるサービスとかを考えないと、家族の思い出が何年分もとんでしまうと、すごく悲しい思いをしてしまう。いろいろ怖さもあるが、どうしても便利な方に流れてしまう。ちょっと考えたいというか、(有料に)流されてしまうような気はする」

(FNNプライムオンライン11月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース